アモイ旅日記 その6。

初日の出勤!皆さん如何でしたかぁ?


旅日記シリーズ最終回はお土産です。
前回のマカオもそうでしたが、地元スーパーを覗きに行くと楽しそうな物が山盛りですw
で、気になった物を買ってきました。
まずはロッテのお菓子でありそうなストロベリー味のカスタードケーキ。
ちなみに18個入りでした。


前回、このメーカーのお菓子が美味しかったので今回も買ってみました。
バニラ味と珈琲牛乳味なんですかね!?字が読めません…。


これは会社でお配りしたお菓子。
甘〜い雷興し?何と表現したら良いのかよく分かりません(爆)


鶏ガラスープの素です。クノール製で油のおまけ付き!
日本で買うと鶏ガラスープの素は高いのですが、400gで10元でした(驚)


日本で最近高騰しているインスタントラーメン。
左の海鮮もので1個2元ぐらいです。
右のは日本でもおなじみの韓国の辛いヤツですが、海鮮シリーズははじめて見ました。


ビールも1本2元くらいです。右のは雪山登り系?w


アモイには沢山の中国製スポーツブランドがありました。
その中でも良さそうな361°と言うブランドを買ってみました。
縫製・デザインなどしっかりしていて、ユ○クロよりもいけてます!

予想以上に楽しめたアモイ。
次回も中国の何処かへ遊びに行きたいと思います。

おしまい。

アモイ旅日記 その5。

明日から社会復帰出来るのかしら?w


さて、アモイのお食事処をご案内します。
出発前に色々と調べたのですが、情報が少なく結構大変でした。
なので、これから行く人の参考になれば幸いです。

厦門鷺江賓館 6F (86)-592-202-2922
ココはコロンス島へ行くフェリー乗り場の前にありますので分かりやすいです。


注文方法は陳列している食材を焼いて貰うので、指さしでOKです。
あと、メニューもありますが日本語はありません。また英語もホトンド通じません。


陳列シリーズを何個か紹介です。
イモ団子みたいなものです。なかなか美味しいです。


キュウリの漬物。ワサビが効いていて凄いですw


餃子。これは何回もおかわりしましたw


焼きエビ。アモイは海鮮物が美味しいですね。


チジミの様な焼き物です。牡蠣が入ってるのかな?いい味です。


ココからはメニューで注文です。
前回紹介したエビの唐揚げと野菜の和え物。
ちょっとパクチーが効いていますが、オススメです。


これも紹介したハマグリとつみれのスープ。
アモイではスープ=ハマグリが多かったです。


コロンス島で行ったお店です。
フェリーターミナルから日光巖方面へ行き、インフォメーションセンター?を過ぎた辺りにあります。


生きた食材が店頭に並んでいますので、食べたいものをチョイス。
『サカナ・カニ・エビ』と単語を話す人がいましたが、日本語は通じませんw
味は美味しいのですが、観光地って事もあり料金は高めです。
店頭に並んでいる食材ではなく、メニューにあるものを頼んだ方がやすく食べれます。


タコとピーマンの炒め物。日本人好みの味です。


スープ。やっぱりハマグリw


ナマズの様な魚の煮付け!?白身でサッパリしています。


エビのボイルにガーリックソース掛け。
おっきなエビで食べ応え十分です。


龍記湯包小館 (86)-0592-5200067
松柏公園の近くにあります。ホテルでココに行きたいと言えばタクシーに伝えてくれます。
店のオーナーみたいなおじさんが、何となく日本語&英語を話せるので楽に注文が出来ます。


主食の欄に書いてあるのが、この店一押しの小龍包!
こんな安い店が日本にも欲しいです。


青菜炒め。定番アイテムですね。
これは青梗菜ですが、中国でよく見かける油菜のものが私の好みです。


店のおじさん一押したっだ肉団子のスープ。
良い出汁が出ていて、これもお勧めの逸品ですよ。


エビ焼売。エビがプリップリなんです!


お待ちかねの小龍包。何個でも食べれますw


締めはジャージャー麺?
そこら中の人が食べていたので注文したてみましたが、まぁ普通ですw

今回はあまり地元のB級グルメを楽しめませんでしたが、食べ物はホトンド美味しかったですね!

アモイ旅日記 その4。

昨日無事帰宅しました。


アモイ最終日はお昼前にホテルを出発だったので、
遠くには行かず初日に行った近くの中山路でプラプラしてました。


ココにある大きな木。
名前は分かりませんが、髪の毛の様な枝?がだら〜んとしています。
廈門のあちこちにこの木はあるんです。


脇道にあったパン屋さん。手のひら位のパンが3個で1元でした。
プレーンの生地に蜂蜜の様な甘い物が塗って焼いてあります。


街のあちこちで見かけるこのんなおばちゃん。
果物をカゴに入れ売っています。


コンビニはあまり見かけませんが、おばちゃんがリヤカーで物を売っています。


おでん?みたいな温かくした店もあちこちにあります。


町中には高級車がかなり走っていました。
ベンツにBM・フェラーリー・ポルシェのカイエンまで…。


って事で、楽しかった4日間もあっちゅー間に終わってしまいました。
中国の山々も何だか神秘的!


行きは4時間半掛かったのに、帰りはジェット気流の影響で3時間。
時速は座席モニターで1117km/hを記録してました(驚)
もう少しでマッハ1だったのにw


段々暮れていくのを上空から見るのも綺麗でした。

アモイ旅日記 その3。

異国の地よりあけおめです。
今年も皆さん宜しくお願いします。


本日も朝から昨日行ったコロンス島へ。
中国も元日はお休みらしく、もの凄い人でごった返しておりました。


ココから見る景色は素晴らしいです。
過去と現在のコラボって感じなのでしょうか!?


海岸線はどこかのリゾート地の様です。


観光用にインチキ臭いゴンドラもあります。


英雄の銅像が島の隅に鎮座ましましです。
この銅像、高さは20mくらいあるのでしょうか。


昨日も書きましたが、島内は自動車が禁止なんです。
その代わり電動自動車が観光用であります。
1人10元でだいたいの目的地へ連れて行ってくれる様なので乗ってみましたw


これは病院にあった電動救急車でしょうか!?


鳥園みたいのもありました。


アモイ(特にコロンス島)は音楽(ピアノ)の街の様で、あちこちにそのゆかりなものがありました。
ピアノ博物館とオルガン博物館も島内にはあります。


本日の逸品は、夕食で食べた小龍包。10個で16元と、とても安く激ウマ!
中のお汁をすすり終わってから身を頂きます。
結局10個以上食べちゃいましたw

さて、明日で帰国です。
楽しい日々はすぐ終わっちゃいますね。

アモイ旅日記 その2。

今年1年、皆様にはぜのん白書を御愛読頂き有り難うございました。


本日2日目は朝からアモイ駅へ。ずいぶんとごった返しておりました。
店も沢山あり、日本と変わりない顔ぶればかりです。


BRTと言うバスに乗って集美と言う場所へ。
このバスですが、専用の道路が高架で出来ており渋滞がありません。
また、価格も非常に安いです。端から端30分くらい乗って2.5元(40円弱)


この辺にある大学は、どこもでかくて広いですね。


ランチはアモイ駅まで戻り、ウォールマートにある食事街へ。
フロアーに無数の店があり、自由に選んで食べるスタイルです。
沢山ありすぎて選ぶのが大変でしたw


本日天気が悪かったのでコロンス島を明日に延期しようかと思ったのですが、
時間が余ったのでちょっくら上陸してみました。
船に乗って10分位で到着します。


来年の干支がお出迎え。


島内は自動車の乗り入れ禁止な為、荷物は人力で運んでます。


日本ではなかなか見ない光景ですね。


本日の一番美味しかったメニュー、叉焼麺です。
注文してから麺を打って出してくれました。叉焼は別盛りですw


最後は一年の疲れを癒しに足つぼマッサージ、元気な姉ちゃんが力強くやってくれました。
明日の揉み返しが心配ですw

では皆さん良いお年を♪

アモイ旅日記 その1。

初日は天気がイマイチです。


日本から約4時間半でアモイに到着します。
JALとANAで直行便が出ているのでアクセスは以外と良いです。
久々に富士山を上から拝みましたが、綺麗でした。


今回は3泊4日の工程であまり時間もないので、到着早々観光開始w
まずは、胡里山砲台へ。
ギネスにも載っていると言う砲台を見てたらイベントが始まり、大賑わいでした。


砲台となりの海岸線。
天気が良ければもっと見晴らしが良いんでしょうね。


アモイ大学。凄く整備されていて驚き!


アモイ大学の隣にある南普陀寺。沢山の仏像が鎮座マシマシです。


ちょっとカワイイ仏様w


南普陀寺で有名なのはコチラ。
石に文字が書かれております。意味はちょっとわかりません。


夕食はネットで調べて評判が良かった廈門驚江賓館へ。
並んでいる物を自分でチョイスして食べる事が出来ます。


エビの唐揚げと野菜の和え物。
アモイは海産物が美味しいって事でチョイス。確かに美味い!


ハマグリとつみれのスープ。
ハマグリの出汁が出てサッパリした上品な味でした。
他には、餃子だの小包だの大量注文でたらふく頂きました。


食事した反対側にあるコロンス島の夜景です。
アモイ=コロンス島と言うぐらい有名な場所になります。


繁華街の中山路。
かなりの賑わいを見せておりました。

って事で1日目は終了です。
明日は、コロンス島を散策しまぁす。

出国。

ではではアモイに向けて行ってます♪


| 1/1PAGES |

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

others

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

フォートラベル

ヒルトン ニューヨーク

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM