秋の鹿島槍ヶ岳へ!その3。

久々にケンタッキーが食べたいですねぇ。


鹿島槍レポ最終回になります。
本当は種池山荘でもう1泊しようと思っていたのですが、
何だか思いのほか歩けてしまい結局2日目は扇沢まで下山してしまいました。
なので、結果的にこの日は鹿島槍から一気に降りることになったのですw

まずは雲海から〜。


稜線をグングンと降下します。


振り返ると鹿島槍。格好イイ…。


まだかすかに富士山も見えますが、結構雲が上がってきました。


テントの数はだいぶ減っていました。それにしても眺めが良いテン場ですね。


冷池山荘へ到着します。
デポした荷物を引き取り、ランチとしました。


まずは種池山荘まで2:30の道のりです。


冷池山荘から爺ヶ岳までは、地味な登りが続きますw


冷乗越へ到着。前日は雪&ガスガスで見えませんでしたが、こんなに景色が良いんですね〜。


名残惜しくて、振り返ってばっかり(笑)


天気が良いと気分も上々ですね〜♪


せっかくなんで爺ヶ岳に寄り道です!


ココからの展望も最高でした。


鹿島槍からだいぶ歩いて来ましたね〜ずいぶん遠くになっちゃいました…。


絶景にウットリちぅw


種池山荘まであと少しです。


振り返って爺ヶ岳。


扇沢方向には、雲が上がってきて凄かったです。


種池山荘到着〜。


山荘横にある種池。かなりのスモールサイズですw
池の中には、おたまじゃくし?サンショウ魚?が泳いでいました。


小休止のあと、扇沢まで最後の降下です。種池さんサヨナラ〜。


ココの下りがまた長いんですw
この様な道は、稜線歩きとは違いすぐ飽きちゃいますね…。


駐車場もだんだん大きく見えて来ます。


やっとケルンに到着。ココからが急降下w


登山口に到着です〜。
この日は休憩含めてガッツリ10時間、頑張りましたよ(笑)


今回のご褒美は薬師の湯です♪ かな〜り広々した浴槽でした。

天候にも恵まれた鹿島槍ヶ岳、良い思いでとなりました。
稜線をガッツリ歩けることは「山屋」さんにとっては最高の幸せですね♪

またいつか訪れたい山のひとつになりました。

おしまい。

秋の鹿島槍ヶ岳へ!その2。

密着警察24時観賞ちぅ♪


4時ごろ目が覚め、2日目の朝を迎えました。朝の気温は−3℃(笑)
ちょっとウダウダした後、外に出てみると空がうっすらと明るくなってきましたよ。
久々に見たこの景色!このぐらいの色が私は好きですね。この日は天気良さそう〜♪


皆さんご来光待ちです。


日が昇ったところで鹿島槍ヶ岳山頂まで出発です。鹿島槍さんおはよー!


木々には昨日の雪が薄っすらと…。


地面には霜柱。


テントはみ〜んなパリパリw 小屋泊で正解だった鴨…。


雲ひとつない景色を見ながら山頂を目指します。穂高の槍さんの頭がちょっと出てきました。


鹿島槍の手前にある布引山をまず越えて行きます。


この辺りの道も危険な場所もなく、安心して歩けます。


布引山山頂到着です。奥には立山&剱が「どーよ?」と言わんばかりの存在感w


とにかく沢山の人・人・人…。


さぁ次は鹿島槍南峰ですよ♪


影から失礼します〜w


山頂まであと少し!


ついに鹿島槍ヶ岳山頂到着です!


皆さん登頂した達成感にウットリされて笑みが浮かんでおりました。


まさにぐる〜り360度の大展望♪
ちょっとご紹介しますね。まずは登ってきた稜線。稜線フェチにはたまりませんw
奥には槍&穂高がいらっしゃいます。


その横には立山&剱岳。


こちらは五竜&白馬方面のキレットと、右に見えるのは鹿島槍の北峰。
今回は鹿島槍の南峰までだったので、いずれステップアップしてこの道を歩きたいですね!


八ヶ岳&富士山&南アルプスもしっかり拝めました。


いつまでもウットリしていたい所ですが、時間も限られているため残念ながら下山です。

最後は下山のお話へと続きます。

秋の鹿島槍ヶ岳へ!その1。

暑さ寒さも彼岸まででしたねw


秋分の日の3連休を利用して鹿島槍ヶ岳へ行って来ました。
本当は、甲斐駒&仙丈ケ岳に行こうかと思っていたのですが、台風15号の影響で登山口までのバスが運休。
急遽プランを練り直し、今シーズンは無理と踏んでいた鹿島槍へ向かったのです。
仕事を終えてから、立山への入口でもある扇沢駅まで向かい、無料駐車場で前泊しました。
到着した24時頃は結構空いていたのですが、出発した6時頃にはほぼ満車(驚)
車が置けない人はどうするんですかね…w


鹿島槍への登山口まで車道を歩いて行きます。


登山道である柏原新道入口に到着です。
山岳警備隊?みたいな方が、連休の天気などを皆さんに案内していました。

警備隊「この3連休は天気良いですよ♪」
ぜのん「にやりw」
警備隊「ただ、雹が降ってきたら雷がなりますので気を付けて下さい」
ぜのん「ひやりw」

この会話が後々思い出されるとは、考えもしませんでした…w


さて、登山届を記入しま〜す。


出発です〜♪
さすが有名な山は、結構な人が入山していました。


道は良く整備されています。
種池&冷池山荘のオーナーが切り開いたそうです。感謝ですね。


しばらく進むと、扇沢駅の駐車場が見えてきました。だいぶ登って来ましたね〜。


柏原新道には要所要所に地名?のようなものがあり、最初の急登が終わる辺りが「ケルン」です。


左方向には岩小屋沢岳辺りが見えているんですかね〜!?


種池山荘が上方向に見え隠れしながら歩いていくのですが、かなり巻いて進むためなかなか到着しませんw


途中に1箇所だけガレ場があります。


特に問題なく進めますが、気を付けましょう〜。


種池山荘手前、最後の踏ん張りどころの「鉄砲坂」です。
皆さんヒーヒー言ってましたw


見えましたー♪


種池山荘到着です!鈍足な割には何とかCTで到着。頑張ったw
ココで大休止ランチに。


登山口である扇沢駅方面を覗くと、だいぶ雲が出ていました。


大休止後は、爺ヶ岳を越えて冷池山荘を目指します。


向こう側には目的地である冷池山荘が見えます。その後ろが鹿島槍なのですが、雲に覆われて見えません…。


雲が切れたり、かかったり…。稜線上はかなり風が冷たく、すっかり秋山でした。


爺ヶ岳南峰到着です。
爺ヶ岳は南峰、中峰、北峰とあり北峰山頂以外は登れます。


ってことで、次は中峰へ。


爺ヶ岳中峰到着〜。ココへ到着した頃にはすっかりガスってしまいました…。


冷池山荘に向かいますが、ガスガスで前が見えません…w


その後はなんと…雹?雪!?(爆)
登山口で会った警備隊?の人が言ってたことが思い出されたんです。

「ただ、雹が降ってきたら雷が鳴りますので気を付けて下さい」

ヤバイんじゃねぇ!?w

その後は急いで山荘へ向かいますが、結構雪が降っていましたよ…。


雷様に会う前にやっと冷池山荘に到着しました〜。山荘前の気温は3度(笑)


到着後もしばらく雪は降っていて、夜もかなり冷え込むとのこと。
テント泊予定で来ましたが、寒いの嫌なので急遽小屋泊へ変更しました。
この日は超満員でしたが、何とか泊めさせて頂けることに…感謝です。

小屋内はかなり綺麗で、人気がある理由が分かりますね!
白馬・奥穂に続きまた天気が…と意気消沈しながら、小屋でぬくぬくと就寝した初日でした。

憧れの奥穂へ!しかし…(笑)。

んー残暑厳しいですね〜。


この3連休+有給1日で何処に行こうか悩んで悩んで…憧れの奥穂高岳へ行って来ました♪
と、言いたい所ですが…登ろうと思った日が雨&ガスガスw
そんな天候で登ってもね〜ってことで、諦めて下山した記録になります(笑)
下山した翌日からまた天気良かったのは、悔しいから内緒です…(泣)

前日夜から沢渡中駐車場に向かい、駐車場で前泊しました。
トイレ&足湯まであり環境は申し分ありませんね♪


上高地へ向かいますが、自家用車は入れないので駐車場からバスまたはタクシーです。
バスの料金は往復で2000円也。


バスで上高地までは、およそ30分。


上高地バスターミナルに到着〜。
連休前の金曜日(平日)だったため、人が全然いませんでした。
平日って良いですね〜。


登山届を書いて出発です!


週末であればごった返す道もガラガラ〜。


有名な河童橋です。


反対側から焼岳と河童橋〜。


さて、ココからが長いんです。まずは3時間の平地歩きですw


小梨平キャンプ場です。ココでのんびりするのも良さそうですね♪


この道は車も通れるようです。ま、小屋関係者だけですけどねw


まずはバスターミナルから約1時間で明神館に到着。
明神池もあるのでココまでは一般の方も結構来るみたいですね。


梓川に沿って歩いて行くのですが、景色イイですね〜♪


明神館より約1時間で、次のポイント徳沢に到着です。
ココのキャンプ場は小梨平より良いかもー!


キャンプ場先にある徳沢園です。
ココはソフトクリームが有名ですね。お楽しみは帰りにとっておきましょう(笑)


水が冷たくホントに綺麗です。


林道歩き2時間経過…。既に歩くのに飽きてきました(爆)


徳沢から約1時間で、平地歩き最終チェックポイントの横尾に到着。
こちらもキャンプ場あります。


横尾山荘は2〜3年前に建替えたばっかりなので非常に綺麗でした。
お風呂もあるので泊まってみたいですね。


涸沢方面はこの橋を渡って奥へと向かいますよ。


左側に見える屏風岩を横目に進んで行きます。


屏風岩デカイw


横尾から約1時間で本谷橋へ到着。ココの水もホント冷たかった〜。
横尾でランチを済ませてきてしまいましたが、こちらで食べても良いかもですね。


本谷橋から先は、登りです。ここまで歩いてきた距離が既に約14km(笑)
結構グッタリしている体にムチ打って登りますが、苦しい…w


ハァハァしながら登っていると…目の前にドーンと奥穂さん登場♪
涸沢まであと少し!


本谷橋から約2時間で。やっとこさ涸沢到着です♪
涸沢ヒュッテ方面へ向かいます。


荷揚げのへりがビュンビュン飛んで来ました。ラジコンヘリみたいw


涸沢ヒュッテ到着です〜!地味に遠かった…(笑)


皆さん景色見ながら既に一杯やっております。


テン場は、だだっ広い岩場の上です。
岩が結構平らに敷き詰められているので、意外と快適でした。


テントから見る山側の景色はこんな感じ。イイネ!


谷側はこんな感じ。下のお兄さんも景色を見ながらウットリしている様ですw


何処がどの山か分からなかったので、これでしっかり覚えて来ました!


夜はご飯を炊いていつものカレーです。レトルトですが旨い旨い♪
夕食後、さっさと寝たら夜中に雨音で目を覚ましてしまいました…。


嫌な予感をしながら目覚めると…雨&ガスガスw
ヒュッテに天気予報を確認しに行くも、2〜3日はこんな感じで続くとのこと。
停滞しても良くならないと判断し、泣く泣く下山することに…。
奥穂さんサヨナラァ〜。


横尾までは雨が結構降っていました。なので画像ありませんw
徳沢まで来ると、若干の晴れ間が見えてきたり…(悲)
行きに食べなかったソフトクリーム頂きました!美味しかったー♪


徳沢では若干晴れ間が見れましたが、若結局河童橋まで降ったりやんだりでした。


帰りは乗鞍温泉にある湯けむり館へ。
私自身お気に入りの場所なんです。白いお湯が最高ですね!

夕方、翌日の天気予報を見ていたら、朝の予報はどうしたの?って位の晴れ予報に変わっていました(爆)
結局私の行った2日目だけが雨になったようですw ついていないなぁ…。

奥穂に行くはずが、三歩にも会えず涸フェスになってしまった山行でした(笑)
次回は絶対登ってやるぞ〜♪

おしまい。

念願の白馬岳へ 最終回。(蓮華温泉〜栂池…)

熱低やら台風やら…今年は当たり年ですね。


さて最終日は蓮華温泉からバス&電車で栂池に戻ります。


始発のバスでまずは平岩駅へ向かいます。


1時間程度で平岩駅に到着〜。


駅はもちろん無人駅です。田舎の駅って味がありますよね。


まもなく「汽車」が到着です!


ドアの開閉は相模線と同じく手動開閉w 意外とお客さんが乗っていました。
南小谷駅へ向かいます〜。


南小谷駅へ到着。
ホントは電車で栂池辺りまで行こうと思ったんですが、バスで行けるとのことでこの駅で下車して乗り換えます。


走ること20分弱で栂池スキー場へ戻ってきました。
お疲れさ〜んって感じでしたが意外と元気だったので、海でも見に行って美味しいものでも食べて帰ろう!
ってことで、まずは糸魚川へ向かうことに…w 突然ノープランな旅が始まりました(笑)


まず最初に出てきた小谷の道の駅。温泉付です。


糸魚川までの道は、昔々塩を運んでいたそうで…。


道の駅の立ち食いそば屋はその名も…「やまや」(笑)


糸魚川を通過し、親不知ピアパークへ寄ってみました。


これが親不知らしいです。言われてみれば…親不知っぽいかな!?w


ココで食べたランチは、甘エビ50匹丼 (爆)
最初は美味しい美味しい〜と食べていましたが、案の定後半は飽き飽きですw


親不知と言えば…そう、夢の栂海新道の登山口があるところなんです。
せっかくなので見に行ってきました♪


最初の登山道はフェンス沿いに続いていましたよ。


周りをウロウロしていたら、栂海新道の起点があることを発見!
せっかくなのでこちらも見に行くことに。


降りきったところが、海抜0mの起点らしいです。いつかはココまで降りて来る日があるのだろうか…。


その後ノープランな旅は、富山で1泊w
次の日は平湯温泉から松本に出て帰宅となりました。

今回はテントを背負って初の縦走でした!
荷物が少々重く、足が痛くなっちゃうアクシデントもありましたが、あの景色を見ながら歩けるのは幸せですね〜♪
もう少し荷物を減らしていかないとかな…。きっと着替えが大杉なんでしょうw

そろそろ来月の山行を考えることにします(笑)

念願の白馬岳へ その3。(白馬岳〜蓮華温泉)

夏休み明け慣れました?w


前日夕方からの雨&強風が一晩中続き、初めてテントが飛ばされるかと思いました(汗)
朝、雨はやんでいましたがガスガスでほとんど見えない状況…。
おまけに先日買った靴のおかげで、両足に沢山のマメが出来てしまい歩くのがやっと…(爆)
まぁ無理しても仕方ないとの判断で、一番安全な登ってきたルートを引き返すことにしました。
で、白馬岳山頂はこんな感じのガスってました。


三国境もこんな感じ。
ひとり朝日岳へ行くお兄さんがいらっしゃいました、羨ましい…。


小蓮華山に到着です。


小蓮華山を通過後、しばらく降りて振り返ると…絵に描いたような青空ですよ(笑)


標高の高い方はまだガスっていましたが、2500m以下ぐらいはスッキリです。
こんな景色を見たらまた歩き出したくなりますよね!
ま、足が痛いのは変わりませんが…w


白馬大池が見えてきました!画になりますね〜♪


白馬大池山荘へ到着です。ここでランチとしました。


栂池に下りれば終了でしたが、せっかくなので蓮華温泉へ向かうことに。


道中はなだらかな下り坂でしたが、マメが靴のあちこちに当たりイタイイタイw
2時間ぐらいのCTだったんですが、3時間以上かかってしまいました…(泣)


今年、この松ぼっくりの出来るのが当たり年らしいんです。
あちこちの松の上に出来ていました。


やっとこさ蓮華温泉ロッジへ到着〜。
ロッジには結構お客さんがいらっしゃいました。この日は満室だった様です。


で、この日は蓮華温泉キャンプ場で1泊することに。
ロッジからキャンプ場は少し離れていて、林道を500mぐらい進みます。


キャンプ場到着〜♪トイレ&炊事場が各2ヶ所もあるだだっ広いキャンプ場です。
使用料は1人300円。ココはお勧め出来ますね!


広いキャンプ場ですが、この日は7張りのみ。
何処に張ったらよいか逆に悩んでしまいましたよ…w

外湯めぐりは出来ませんでしたが、ロッジの温泉を堪能し疲れを癒せた3日目でした。

最終日は栂池に戻ります。

念願の白馬岳へ その2。(白馬大池〜白馬岳)

寒いっすね…w


白馬大池での朝を迎えました〜♪
この日の天気は午後から良くない様だったので、午前中勝負で白馬岳を目指します。


だいぶ出遅れてしまいましたが…出発ですw


ビックリしたことに、雲はもう秋の装いなんですね。


白馬大池山荘さようなら〜。


朝からの稜線歩きに期待を膨らませ、まずは小蓮華山を目指します。


しばらく登ると、鹿島槍〜五竜さんが登場です。んー迫力ありますね!


杓子岳&鑓ヶ岳、おまけに奥には剱岳まで登場ー♪


下を除くと、大雪渓のスタート地点の白馬尻小屋です。


この景色を見ながら歩けるなんて、最高ですね。


小蓮華山に到着です〜。山頂付近には剣が刺さっておりました。


こんな感じで小蓮華山は崩れかけているんです。


さてさて次は白馬岳を目指しますよ〜。


三国境に到着です。ココは富山・新潟・長野の県境になります。
天気予報などを見ていると、3県が重なっている場所なんでよく分かるんですよね。


三国境を過ぎると、ちょっと急な登りになります。


ちょっとガスってきてしまいました。山頂はすぐそこです。


念願の白馬岳山頂到着です!前回は台風撤退だったのでうれしい限りですね!


新田次郎が書いた「強力伝」と、白馬岳山頂にある標識の記念撮影w
この標識を人間が担いできたお話が、この本に書かれています。


山頂の長野県側は非常に切り立っているんですね〜。


山頂から降りて振り返るとこんな感じです。


白馬山荘に到着しました。1200人収容可能だけあって、とにかく大きいですね。
次回はこちらに泊まってみたいです。


下は町営の白馬岳頂上宿舎とテント場になります。稜線沿いに進むと杓子岳&鑓ヶ岳方面です。


白馬岳頂上宿舎に到着しました〜!
だいぶ雲が怪しく急いでテントを設営したら雨が降ってきましたよ、危なかったぁ。
強風&雨が夜まで続き、のんびり過ごす所かテントが飛ばされないかと心配が続く一夜になってしまいました。

次の日はどうなることやら…。

念願の白馬岳へ その1。(栂池〜白馬大池)

今日の下界は涼しい〜♪


8/14〜8/17で白馬岳に行ってきました!
本当は白馬三山への縦走予定だったんですが、天候が悪い等々で白馬岳のみとなってしまいました…。
詳細は追ってレポートしますね。

さて、今回も栂池スキー場から白馬大池経由で白馬岳へ向かいます。


ゴンドラ&ロープウェイの荷物料金が、15kg以上で300円加算されるとのことで計測です。
計測結果は…20kg。結構ありますねw


さてさて出発です〜。


ゴンドラ&ロープウェイを乗り継いで一気に1850mまであがってきました♪


ビジターセンター横の登山口を進みます。


天気は上々、テンション上がりますね。
この日は中央に見える山の裏側まで向かいます。


登山道は言うまでもなくしっかりと整備されています。


しばらく歩くと、銀嶺水へ到着です。地図の中ノ原って書いてある上にある水マークの場所です。
ここの水、めちゃ冷たくって旨過ぎ!


天狗原へ到着しました〜。尾瀬ほどではありませんが、ちょっとした湿原になっています。
天気はちょっとガスってきてしまいました…。


上から見る天狗原はこんな感じ。木道が見えますよね。


天狗原を過ぎると、ゴロゴロした岩のルートに変わってきます。


その後は小さな雪田を横断します。雪の上はやっぱ涼しいですね〜。


白馬乗鞍岳のケルンが見えてきました♪


白馬乗鞍岳山頂へ到着〜!
白馬大池はすぐそこですが、時間もあるのでココでランチにしました。


コーヒーまで頂きのんびりした後は、白馬大池まで移動です。
白馬乗鞍岳からすぐ池は見えてきます。30分もあれば到着するぐらいかな!?


白馬大池山荘へ到着です。久々ですね!
前回は山荘泊でしたが、今回はテント場の利用になります♪


景色もよく、人気があるテント場ってのも納得出来ますよね。


テント場は時間がたつにつれで、大入りの満員御礼状態♪


何回か突然の雷雨もありましたが、夕焼けも見えましたよ。
残念ながら、ペルセウス座流星群は雲に覆われ見えませんでした。

次の日は白馬岳へ向かいます。

白馬岳から無事帰宅しました。

いやぁ〜下界は暑すぎますね…。


先週末から行っていた白馬より無事帰宅です!
山行道中はいろいろありましたけど…(笑)


白馬大池のテント場は良い所でした♪


下山後はノープランな旅に出て、栂池→糸魚川→富山→松本→本日帰宅となりましたw
沢山の方からコメント頂き、ありがとうございました♪

詳細はまたレポートします。

登山届。

朝から暑いですね〜。


今年の夏休みは何処へ行こうかと散々悩みましたが、明日から白馬三山の縦走へ行って来ます!
正確には今夜からですが…w おととし撤退しているので、今回はリベンジになりますね。

1日目 栂池高原 → 天狗原 → 白馬乗鞍岳 → 白馬大池テント場泊
2日目 白馬大池 → 小蓮華山 → 三国境 → 白馬岳 → 白馬岳頂上宿舎テント場泊
3日目 白馬岳頂上宿舎テント場 → 杓子岳 → 鑓ヶ岳 → 白馬鑓温泉小屋テント場泊
4日目 白馬鑓温泉小屋 → 小日向山 → 猿倉 → 栂池高原

普通なら2泊3日のコースですが、贅沢にも3泊4日で縦走することにしました(笑)
目標は、各テント場で絶景を見ながらのお昼寝と、ペルセウス座流星群の鑑賞!

お天気も良さそうなので楽しみです♪

| 1/4PAGES | >>

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

others

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

フォートラベル

ヒルトン ニューヨーク

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM