アモイ旅日記 その5。

明日から社会復帰出来るのかしら?w


さて、アモイのお食事処をご案内します。
出発前に色々と調べたのですが、情報が少なく結構大変でした。
なので、これから行く人の参考になれば幸いです。

厦門鷺江賓館 6F (86)-592-202-2922
ココはコロンス島へ行くフェリー乗り場の前にありますので分かりやすいです。


注文方法は陳列している食材を焼いて貰うので、指さしでOKです。
あと、メニューもありますが日本語はありません。また英語もホトンド通じません。


陳列シリーズを何個か紹介です。
イモ団子みたいなものです。なかなか美味しいです。


キュウリの漬物。ワサビが効いていて凄いですw


餃子。これは何回もおかわりしましたw


焼きエビ。アモイは海鮮物が美味しいですね。


チジミの様な焼き物です。牡蠣が入ってるのかな?いい味です。


ココからはメニューで注文です。
前回紹介したエビの唐揚げと野菜の和え物。
ちょっとパクチーが効いていますが、オススメです。


これも紹介したハマグリとつみれのスープ。
アモイではスープ=ハマグリが多かったです。


コロンス島で行ったお店です。
フェリーターミナルから日光巖方面へ行き、インフォメーションセンター?を過ぎた辺りにあります。


生きた食材が店頭に並んでいますので、食べたいものをチョイス。
『サカナ・カニ・エビ』と単語を話す人がいましたが、日本語は通じませんw
味は美味しいのですが、観光地って事もあり料金は高めです。
店頭に並んでいる食材ではなく、メニューにあるものを頼んだ方がやすく食べれます。


タコとピーマンの炒め物。日本人好みの味です。


スープ。やっぱりハマグリw


ナマズの様な魚の煮付け!?白身でサッパリしています。


エビのボイルにガーリックソース掛け。
おっきなエビで食べ応え十分です。


龍記湯包小館 (86)-0592-5200067
松柏公園の近くにあります。ホテルでココに行きたいと言えばタクシーに伝えてくれます。
店のオーナーみたいなおじさんが、何となく日本語&英語を話せるので楽に注文が出来ます。


主食の欄に書いてあるのが、この店一押しの小龍包!
こんな安い店が日本にも欲しいです。


青菜炒め。定番アイテムですね。
これは青梗菜ですが、中国でよく見かける油菜のものが私の好みです。


店のおじさん一押したっだ肉団子のスープ。
良い出汁が出ていて、これもお勧めの逸品ですよ。


エビ焼売。エビがプリップリなんです!


お待ちかねの小龍包。何個でも食べれますw


締めはジャージャー麺?
そこら中の人が食べていたので注文したてみましたが、まぁ普通ですw

今回はあまり地元のB級グルメを楽しめませんでしたが、食べ物はホトンド美味しかったですね!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

others

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

フォートラベル

ヒルトン ニューヨーク

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM